縮毛矯正やってきて思ったのは男は縮毛矯正あんまり向いてないかも


こんにちは!よききです!
タイトルの通りなんですが、僕はくせ毛が強いので今まで何度も縮毛矯正をしてきたのですが、最近縮毛矯正の良さがあまり感じられなくなってきたんです^^;
今回はその理由についてお話ししていきますので、これから縮毛矯正かけようかなと考えている人や、今現在僕のように縮毛矯正に飽きてきた方は参考にしていただけると嬉しいです^^

縮毛矯正をしてきて思ったこと

僕がまず縮毛矯正をを繰り返して思ったことです

・セットできる髪型のレパートリーが少ない

縮毛矯正は美容師さんによっては緩めにかけてくれたり、ピンピンになりすぎないようにしてくれたりしてくれますが、それでも今までの髪質と変わってしまって、前髪を上げたりランダムにセットするのがしにくくなります
一昔前は、ストレートでないとできないような髪型が多かったので、それでも困りませんでしたが、最近の髪型はどちらかというとパーマをかけたり、くせ毛を活かしたり、して毛先を遊ばせるような髪型が多くなってきました
そうすると縮毛矯正をかけてしまうとセットがしにくくなり、なんか思ってたのと違うということにもなりかねません。
後、これは僕個人としての経験なのですが、縮毛矯正をかけている時より、縮毛矯正をかけていない時の方が、女性から髪型を褒められることが多いということがありました。
なので、セットを凝りたかったり、女性にモテる髪型にしたい!というときは、あまりおすすめはしないです。

・縮毛矯正を全体にかけるとボリュームがなくなり、ハゲて見えるかも!?

これは毛量の問題かもしれませんが、縮毛矯正を全体にかけると、全体的びペタッとして見えてしまい「え?ハゲてる?」って見えることがあります。こればかりは美容師さんの技術によるものなので、一概には言えませんが、そういうリスクもあります。

・美容師さんによって仕上がりが全然違う

先ほども美容師さんの技術によって変わってくることを話したのですが、縮毛矯正は難しい施術なので、担当者によって全然仕上がりが違います。僕はうまくいくときは満足していましたが、下手な人に当たったときは前髪が本当にチリチリになってしまって、くせ毛が可愛く見えるほど無様になりました^^;

・男子は髪を切るスパンが短いので、コスパが悪い

これは髪型によりますが、全体的に女性より男性の方が髪を切る間隔が短いので、せっかく高いお金を払い縮毛矯正をかけても切ってしまうので、コスパが良くないです。かといって切るのを我慢していると、髪はまっすぐだし、ペタッとしてるので、すごく根暗みたいに見えます(笑)

結局どうしたらいいの?

今まで縮毛矯正をかけてきた僕は縮毛矯正をせずにどうしているかというと、
結局のところ、くせ毛を活かした髪型にするというところに落ち着きました!
くせ毛を生かそうと色々試している時に気づいたことがって、使うワックスやジェルによってできる髪型がだいぶ変わってくることに気がつきました!
ということはくせ毛がかっこよくなるかどうかは、セットの仕方と、ワックス、ジェル次第ということです!

くせ毛に合うワックス

僕が使ってきて、くせ毛と相性がいいワックスを紹介します!

オーシャントリコ クレイ

このアイテムについて詳しくはこちら↓


このワックスは、くせ毛を活かしたいけどそんなに強くは癖を出したくないなって時におすすめです!
ツヤ感があまりないので、ワックスつけてます感があまりないのにセット力も強くて、スプレーをしなくて、一日キープできますし、ワックス特有のベタベタ感がないのですごく使いやすいです!!
香りも有名なライジングウェーブの香りで女子ウケも抜群です^^

オーシャントリコ シャインオーバー

このアイテムについて詳しくはこちら↓


こちらも先ほどのオーシャントリコのシリーズです。
これは、先ほどとは反対にツヤやウェット感が欲しい時や、癖を出して、活かしたい時におすすめです!大人のセクシーな雰囲気を作れるワックスなのでちょっと遊びたい気分の時や、スーツでビシッと決めたい時におすすめです♪

ロレッタ ハードゼリー

このアイテムについて詳しくはこちら↓


こちらはワックスではなくジェルです!量がめちゃくちゃ多いのでコスパ最強セット力もめっちゃ強いです!洗い流しも超しやすいので不便なく使えます^^
こちらもウェット感やセクシー感を出したいときにおすすめです^^
仕事や学校で毎日セットする方にはとてもおすすめです!!

最後に

今回の記事はくせ毛をいますぐなくしたい!って方にせっかく自分だけの癖があるんだからそれを活かして欲しいと思って書きました!
縮毛矯正を迷っている方のためになれば嬉しいです^^
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク